ロボット設計をしたい - 適職エルフの職業一覧

ロボット設計をしたい

ロボット設計をしたい

『ロボット設計をしたい。』そう思っている方、いると思います。かっこいいよね。私もしたい。 だってそろそろ宇宙世紀です。モビルスーツの開発をしないと。宇宙戦争に勝つにはロボット兵器が必須です。戦争は兵士の機動性がすべてだ。当たらなければどうってことはない。

嘘です。戦争は火力と弾数がすべてです。戦争でロボットは役に立ちません。追尾ミサイルを打たれて終わりです。人間技では打ち落とせません。 それは置いておいて、まずは『ロボット設計者』の説明をします。

ロボット設計技術者とは?

『ロボット設計技術者』とはロボットを設計する人です。メインは産業用ロボットです。工場でカップラーメンを作ったりキャベツの千切りをするロボットです。

戦争用のロボットなんか作りません。世界大戦はキューバ危機で回避しました。それ以来大きな戦争はありません。ケネディー大統領の手柄です。でも小さい戦争はちょこちょこしてます。

あとは医療用と家庭用ロボットもあります。患者さんの内臓をチョキチョキ切ってくれる手術ロボットとか。部屋中勝手に動き回って掃除をするロボットも人気です。売れてます。知らんけど。

機械とロボットの違い

『ロボットって要は機械でしょ』みたいな。テレビや冷蔵庫をロボットとは言い難い。コレね、ちゃんと決まっていません。強いて言うなら『自動である程度の動きをする機械』がロボットです。 スイッチを押したら、キャベツを洗って、千切りにして、袋詰めにする。みたいな。こういうふうにある程度の動きをするのがロボットです。

鉄腕アトムは完全に自律して動くので完璧なロボットです。鉄人28号はコントローラーで操作します。はたしてロボットと言っていいものか。これがロボットならばラジコンはロボットなのか。疑問が絶えません。 まぁ厳密に言ったら負けです。基本は開発者の言ったもん勝ちです。

ロボット設計技術者になるには

特に資格はありません。ロボットを開発している企業の開発・研究部を志望すればいいです。『ロボットを開発している企業』は電気屋に行って掃除ロボットのメーカーを調べて来れば分かります。 医療ロボットは街で見かけないのでちょっと探すの大変です。ネットで調べましょう。おそらく『○○重工、○○電気』が多いです。

学校は工学部を出ておいたほうが良いです。というか工学部以外採用しないと思います。営業なら雇ってもいいけど。 もしくは物理でもいいです。ロボット理論の確立が物理です。物理に詳しい人も設計者に何人か欲しいです。

もしくは教授という手もあります。工学部にそのまま残って大学教授です。週に5コマぐらい授業をして、あとは研究です。 最先端の技術をやりたいなら教授です。メーカーに入社するとお金にならないロボットは作らせてもらえません。提案すると却下されます。

ちなみに、工業高校を卒業したぐらいじゃ無理です。高卒は工場の作業員どまりです。もしくは自動車の販売員です。高卒は町のバイク屋さんを目指しましょう。

ロボット設計者の年収

メーカー勤務はただのサラリーマンです。でもロボット設計なんて大手しかやりませんので大手のサラリーマンです。初年で400万はもらえるんじゃないかと思われます。 そう考えるとロボット設計より営業のほうが年収多いかもしれない。大学病院に新型ロボットを契約させたらあっというまに年収1000万です。

大学教授になるなら1000万ぐらいですかね。さらに本を書いてもっと増えるかも。自分が書いた本を教科書にして毎年学生に買わせることが出来ます。 さらにテレビ出演もあるかも。週一レギュラーをとれたら年収5000万です。

ナノマシンで世界滅亡

今ロボット研究で一番アツいのがナノマシンです。簡単に言うと『凄く小さい機械』です。そのナノマシンを世界の学者さんがこぞって開発中です。 どうやらマイクロマシンは存在するらしいです。そのマイクロの1000分の1がナノです。まだ100年ぐらいかかりそう。

ナノマシンで何が出来るかというと細胞の書き換えです。DNAを作れます。もう少し実用的なことを言うと不老不死になれます。 古い細胞を新しいものと取り替えて年をとらなくなります。

そして逆もまたしかり。細胞を破壊できます。人間を攻撃させると内部からボロボロ壊すことが出来ます。生物だけではありません。あらゆる物質をボロボロ壊せます。 分子と分子の間をチョキチョキ切って何でも壊せます。そして世界が滅亡します。なぜなら新技術は必ず戦争で利用されるから。歴史が証明しています。

つまりそういうこと。『新技術は必ず戦争で利用される』 今回言いたかったのはコレです。 ダイナマイトも飛行機も原子力もデータベースもすべて戦争で利用されました。カーディガンも負傷兵の防寒具です。現在世の中で作られているロボットは全部戦争用のロボットです。 ではもう一度おさらいしましょう。




ロボットは全部戦争用のロボット




どうですか。これがロボット設計技術者の真髄です。見事伝授完了です。どうやら私が教えられるのはここまでのようです。 興味が沸いたら工学部に行きましょう。そしてロボットを戦争で使わないでね。ロボット設計者になったら鉄腕アトムのプルートの話を読んでみましょう。