カジノディーラーになるには - 適職エルフの職業一覧

カジノディーラーになるには

カジノディーラーになりたい

『カジノディーラーになりたい。』そう思っている方、いると思います。かっこいいよね。私もなりたい。 だってトランプ遊びが仕事だからね。一日中遊んでいればいい。まるでサンドイッチ伯爵です。トランプが好きでトランプしながら片手で食べられるサンドイッチを考えた人。

嘘です。サンドイッチ伯爵がサンドイッチを考えたのはガセです。記者の作り話です。『ブレッド・アンド・ミート』というパンに肉を挟んだ食べ物がすでにあったんですよ。 サンドイッチ伯爵はブレッド・アンド・ミートを食べていただけです。トランプに夢中でもありません。

そこに取材に来た雑誌の記者が『ブレッド・アンド・ミートのことを知らない』、『サンドイッチ伯爵はトランプが好き』という情報を合わせて、面白おかしい話を作った。これが真相です。 でもそれは置いておいて、まずは『カジノディーラー』の説明をします。

カジノディーラーとは?

『カジノディーラー』とはカジノでトランプを配ったり、ルーレットを回したりするゲームの進行役です。ゲームの親です。一日中同じゲームをし続ける過酷な労働です。座ってできるパチンコ、麻雀のほうがまだ楽です。

多少の接客もあります。ルールの解説をしたり。ゲームのやり方の勉強会もあります。別室で新規の会員を集めて塾講師です。 他にも落ち込んだ客を励ましたり。は、しないかな。励ますのは難しい。まぁ当たり障りのない世間話ぐらいはするでしょう。

あとは不正を暴いたりします。目の前にお金がゴロゴロ転がっているので盗む人だっています。出来心が出来やすい環境です。まぁ監視カメラで見ていますけど。おかしいと思ったら事務所に連絡です。

カジノは24時間営業

カジノは年中無休、24時間営業です。3交代のシフト制と予想されます。夜勤になることもあるでしょう。土日に仕事が入ることもあるでしょう。 娘とプリキュアの映画を見に行くことが出来なくなる恐れがあります。DVDの発売が待てない人には向いていないと言わざるを得ない。残念ながら。

日本にカジノはない

一番重要な問題でした。日本にカジノはありません。違法です。カジノディーラーになるには外国に行かなければなりません。 土日に休日がとれても娘とプリキュアの映画は無理でした。やはりDVDの発売を待ちましょう。残念ながら。

カジノディーラーになるには

特に資格はありません。でも高い技術が必要です。勉強はしないとね。そして学校があります。日本にカジノはありませんが、日本にカジノディーラーの専門学校がなぜかあります。 まともな学校なら就職先の世話もしてくれるので入学して損はないかと。だって就職は外国を探さないといけないわけだし。就職の世話をしてもらえれば頼もしいことこの上ない。

ちなみに日本にカジノはありませんが、日本でカジノディーラーはできます。お金を賭けずに遊ぶカジノがあります。アミューズメントカジノってヤツです。要はゲーセンの店員です。 他には豪華客船のカジノディーラーとか。船で日本を出た瞬間ギャンブル開始です。

英語も必要

基本は外国で働くので英語も必要です。英会話が出来ないと面接すら出来ない。学生時代に遊んでばっかりいたけど英語だけは得意だった人なんか向いてるかも。

給料はチップがでかい

基本給はたいしたことがありませんが、チップをたくさんもらえます。お金持ちとたくさん会う機会があります。あいつらすぐお金を配ります。 トランプ裁きのスゴイやつを見せれば100ドルぐらいポンっとくれます。知らんけど。人気のディーラーになれるように腕を磨きましょう。夢がある職業です。

日本のカジノの合法化

『東京オリンピックまでには合法化したい』という声があります。外国人からお金を巻き上げる絶好のチャンスです。ここに日本経済が持ち直せるかどうかが賭かっています。ギャンブルだけに。 まぁ厳しいです。無理じゃないかな。パチスロの規制もどんどん厳しくなるし。

そもそも日本人はチップをくれない。日本でカジノディーラーをやっても儲かりません。もし合法化されても海外を目指すべき。

カジノディーラーはイカサマしない

『カジノはイカサマをしている』こう思っている人、いると思います。私も思った。はたして真相は。気になるところです。 その答えはズバリ、『知りません』コレです。解決しました。これで今夜も安心して眠れます。やったね。

とはならい。何も解決していない。まぁイカサマしているかしてないかはその人次第です。分かるわけがない。 でも代わりに2つ言えるのは『イカサマをする必要がない』『イカサマの被害を一番受けるのはカジノのオーナー』コレです。この説明をします。

カジノはイカサマをする必要がない

カジノのルールが既に客に不利に出来ています。入場料も飲み物代も高いしチップももらえるし。何もしなくても儲かります。来た客の身包みを片っ端からはぐ必要がありません。 不正がバレて営業停止になるリスクのほうが大きいです。警察の監視も厳しいです。そんなことより長く稼ぐほうが賢いです。

ちなみにカジノがイカサマを『できるかどうか?』で言うとイカサマ出来ます。簡単です。カジノディーラーはその程度の技術を持っています。手品をするだけです。 さらにコンピュータで遠隔が出来ます。ルーレットのポケットを電磁波で弾いたり吸い込んだり。そういうシステムを開発すればいくらでも出来ます。

イカサマの被害を一番受けるのはカジノのオーナー

オーナーからしたらイカサマをする必要はありませんが、雇われのカジノディーラーが独断でイカサマをすると効果絶大です。客と組んで100億ぐらい稼いで国外逃亡すればハッピーエンドです。 ゆえにオーナーが一番恐れているのはカジノディーラーの裏切りです。

なので一番警戒されているのがディーラーです。客がイカサマを心配する必要はありません。 すでにオーナーが全力でディーラーのイカサマを監視しています。

『カジノ』がイカサマをできるかどうかで言うとイカサマ出来ますが、『ディーラー』がイカサマをできるかどうかで言うとイカサマ出来ません。コレが真相です。 なので負けたら完全に自分のせいです。イカサマはありません。後で騒ぐとみっともないです。

つまりそういうこと。『負けたら完全に自分のせい』 今回言いたかったのはコレです。 ギャンブルに限った話ではありません。例えばケンカで負けた後に『あいつが悪い』みたいなことを言うのはやめましょう。ケンカになった時点で戦おうとしているのに。負けた後に往生際が悪いのはみっともないです。

負けたのは実力不足です。能力が低いことが罪です。力をつけて再戦するのだ。今後のためにもそれが一番良い方法です。 ではもう一度おさらいしましょう。




負けたら力をつけて再戦する




どうですか。これがカジノディーラーの真髄です。見事伝授完了です。どうやら私が教えられるのはここまでのようです。 興味が沸いたら英語とトランプの勉強をしましょう。トランプが英単語の暗記カードになっているものを作ると一石二鳥。両方同時に勉強できて便利。開発したら特許をとって商品化できるかも。