出版・作家に関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

出版・作家に関わる仕事がやりたい

出版・作家の仕事

出版とは『文書や絵を複製して書籍化する』ことです。その『複製もとの原作を作る人』が作家です。 ちなみに出版が日本に広まったきっかけは明治時代の『自由民権運動』です。みんなが新聞を読むようになったのは自由民権運動のおかげです。自由を勝ち取りました。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『自由民権運動の目的』は『憲法の制定』と『議会の開設』だからね。 もっと言うと『民衆を政治に参加させること』です。新聞は副産物です。そっちだけ覚えちゃダメです。テストに出ません。

出版・作家の仕事の概要

テストは置いておいて、もうちょっと『出版・作家』の説明を足します。新聞・雑誌・書籍の売り上げですが、正直年々減っています。心配な業界ではあります。

どんどんWEBサイト化してます。ネットニュースに電子書籍です。タブレット一個だけで何冊も本が読めます。地球に優しいといえば優しい。

発電の燃料のことは一旦忘れましょう。WEBサイト化で紙が節約できます。だから地球に優しいです。

それは置いておいて、将来性が不安だとは言いましたが、出版社がそのままWEBサイト運営になるだけです。 簡単に会社がつぶれることはないので過剰な心配をする必要は無いかと思います。

作品を創作するのが作家

それより問題なのが作家の定義です。『作品を創作するのが作家』です。作曲家も作家です。曲の作家です。 人形を作る人も作家です。人形作家です。カメラマンは写真集の作家です。

とりあえずここでは『紙媒体の出版と組んでいる作家』にします。なんとなく分類します。

そんな出版・作家の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • 自由民権運動で大衆が新聞を読むようになった。
  • 自由民権運動の目的は憲法の制定と議会の開設。
  • 書籍の売り上げは年々減っている。
  • 出版社がそのままWEBサイト運営になる。