旅行・宿泊に関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

旅行・宿泊に関わる仕事がやりたい

旅行・宿泊の仕事

旅行とは『人が移動すること』です。買い物も旅行です。通勤も旅行です。人が家から離れれば全部旅行です。 俗に言う『商業旅行』です。またの名を『旅回り』です。商売のために移動すれば全て旅回りです。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『商業旅行は国土交通省の特殊用語』だからね。一般人は使いません。 普通の人は通勤を旅行とは呼びません。国土交通省に合わせる必要は無いのです。あなたの知っている『旅行』の意味のほうが正解です。

旅行・宿泊の仕事の概要

国土交通省は置いておいて、もうちょっと『旅行・宿泊』の説明を足します。旅行とは『住んでいる土地を離れて、しばらく他の土地へ行くこと』です。買い物程度で旅行とは呼びたくない。

昔は買い物も旅行だったんですよ。弥生時代とかね。隣町が徒歩一ヶ月でした。だから元々を言うと買い物も旅行になるわけです。

旅行の仕事と言えば『スチュワーデス』や『フライトアテンダント』や『キャビンアテンダント』です。あとは『客室乗務員』とかね。 全部一緒です。全部飛行機の接客サービスの乗務員です。

スチュワーデスは女性

嘘です。全部一緒じゃありません。『スチュワーデス』は女性です。男性は『スチュワード』です。しかも『スチュワーデス』は元々船の添乗員です。 『フライトアテンダント』なら飛行機確定です。『キャビンアテンダント』は和製英語です。外国じゃ通じません。

と、言いたいところですが、『キャビン』は『船や飛行機の客室』のことなので、言いたい事は伝わると思います。意味そのままです。 『花火職人』を『花火作家』というようなものです。勘の良い外国人なら分かってくれます。英語はズバリの単語を知らなくても、意外と雰囲気で通じます。相手次第です。

そんな旅行・宿泊の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • 国土交通省に合わせる必要は無い。
  • 弥生時代は隣町が徒歩一ヶ月。
  • スチュワーデスは元々船の添乗員。
  • 英語は意外と雰囲気で通じる。