自然・動物に関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

自然・動物に関わる仕事がやりたい

自然・動物の仕事

自然とは『人が手を加えていない状態』のことです。氷が常温で溶ければ自然です。手で暖めれば人為的です。 つまり『自然で働く』ということは、『自然に人為的な操作を加える』ということです。はたしてそれで『自然』と呼べるのか。その答えはズバリ『考えすぎ』です。

あと、動物とは『動く生物』のことです。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『動物は動く生物』って間違っているからね。動かない動物もいます。 動く植物もいます。『オジギソウ』とか。触った瞬間すぐ閉じるやつ。

自然・動物の仕事の概要

動く植物は置いておいて、もうちょっと『自然・動物の仕事』の説明を足します。例えば農家です。ブランド野菜を科学的に育てますが、とりあえず植物に囲まれていれば自然に関わる仕事です。

『獣医は医者なのか?』 悩みどころです。ただ獣医は『動物が好きな人が目指す』イメージがあります。『自然・動物に関わりたい』ならこのカテゴリです。

そうなると次は『気象予報士は自然と関わりたい人なのか?』 悩みどころです。どっちかと言うと『天災を回避したい人』です。『自然と関わりたくない人』です。 その答えはズバリ『考えすぎ』です。

動物の定義は難しい

実は『動物の定義』ってかなり難しいんですよね。『動かない動物、動く植物』がいるせいで一言で説明できなくなっています。 とりあえずwikiから拾ってきたところ、

  • 多細胞性が著しく発達している(寄生性のものには例外もある)。
  • 卵子と精子の二種類の異なる半数性の配偶子が受精することにより発生する倍数性の生物である。
  • 発生初期に細胞でできた中空の球状体である胞胚を形成する。
  • 体外から養分を摂取する従属栄養的な生物である。

おおざっぱに語弊がある言い方をすると、

『多細胞』で『卵子と精子で受精』して『生まれたては胞胚』で『栄養は食べ物』となります。

まぁ、とりあえず動物は『植物以外の生物』でいいです。それで合ってます。日常で使う言葉なら『植物以外の生物』で間違いないです。というか『動く生物』でいいです。

そんな自然・動物の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • 自然で働くということは、自然に人為的な操作を加えること。
  • 獣医は動物が好きな人が目指す。
  • 気象予報士は自然と関わりたくない人。
  • 動物=動く生物でいい。