医療・福祉に関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

医療・福祉に関わる仕事がやりたい

医療・福祉の仕事

医療とは『健康の維持、回復、促進をする措置』のことです。『じゃあターミナルケアはどうなるのか?』と疑問が出ますが、とりあえずノータッチで。 なぜなら『ふざけちゃいけないテーマ』な気がするから。私にもモラルがあります。まぁ緩和医療も医療です。

福祉とは『最低限の生活支援』のことです。老人介護などです。 『祉』は幸せのことです。そして『福』も幸せのことです。『幸せを重ねて福祉』って、馬鹿にされてる気がする。 最低限の生活を支援されて『幸せいっぱいですねwwww』みたいな。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『発想が性格悪い』からね。難癖つけすぎです。まるで『なんでも悪い方の理由をつけて嫌味を言う人』になっています。 それも『福祉』の説明中にそんなこと言うなんて。ふざけてます。モラルは無いのか。

医療・福祉の仕事の概要

モラルは置いておいて、もうちょっと『医療・福祉の仕事』の説明を足します。医者や看護師や介護師です。『看護婦』は死語です。2001年の法律改定で消えました。

医療も福祉も人材不足です。さらに医療も福祉も資格必須です。誰にでもは任せられないのに人が足りません。それでいて医師免許は激ムズで、介護の給料は激安です。

これではさすがに人も集まらない。掛ける言葉が無い。なんとかならんものか。

なんとかする

ということで私がアイデアを一つ出します。このアイデアでどれくらい解決するかは分かりませんが、アイデアを一つ言っておくと誰かがさらに改善案を出すかもしれない。 未来の架け橋です。何もしないよりマシです。

そのアイデアとはズバリ『大学の一般教養で看護と介護を教える』これです。『教員免許』って教育学部に行かなくても取れるじゃないですか。 どこの大学に行っても教員免許の授業を受けるかどうかを選択できます。理学部でも経済学部でも教員免許は取れます。

そんな感じで、どこの大学に行っても看護と介護の資格が取れるようにすれば、医療・福祉の仕事が出来る人が増えます。 『脱サラしてのんびり介護でもやるか』と気軽に出来る人が増えます。副業で看護師の夜勤だけやる人も増えます。こんなのどうでしょう。

そんな医療・福祉の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • 私にもモラルがある。
  • 看護婦は死語。
  • アイデアを言っておくと誰かがさらに改善案を出すかもしれない。
  • 教員免許は教育学部に行かなくても取れる。