健康・スポーツに関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

健康・スポーツに関わる仕事がやりたい

健康・スポーツの仕事

健康とは『身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な状態』のことです。つまり『ホームレスだけど体はピンピンしていて、仲間もいて毎日楽しく生きてる人』も不健康です。 社会的に不健康です。つまりホームレスを助ける仕事です。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『思っていたのと違う』からね。栄養士やスポーツ選手だと思っていたのに。 まさか福祉、ボランティアの仕事だったとは。と、思うでしょうが、大丈夫です。『社会的に不健康』は広義の意味です。ここでは触れません。

健康・スポーツの仕事の概要

ホームレスは置いておいて、もうちょっと『健康・スポーツの仕事』の説明を足します。例えば『スポーツインストラクター』です。ジムのトレーナーです。

スタッフならジムの器具も無料で使い放題です。と思いきや、3割引程度のジムもありますけど。まぁ職場探しは慎重に。とりあえず自分も健康になって給料と別のお徳があります。

ユウェナリスも言っていました。『健全な精神は健全な肉体に宿る』と。『体を鍛えればおのずと心も豊かになる』と。 たくさんの人の健康の手助けが出来れば人類が平和になります。やりがいのある仕事です。

『健全な精神は健全な肉体に宿る』の本当の意味

古代ローマの詩人、弁護士であるデキムス・ユニウス・ユウェナリスの言葉で、現在も有名なことわざですが、実は本当の意味が違います。 現在使われている意味は『体を鍛えればおのずと心も豊かになる』ような感じですよね。普通に日常で使う分はそれでいいです。こっちのほうが役に立ちます。

でもユウェナリスが言いたかったのは『お願いするなら健康だけで十分だ』ということです。 神頼みをするときに『お金持ちになりたい』とか『恋人が欲しい』とかズバリを言うより、『健康でいたい』とこれだけ叶えば、汎用的になんでもまかなえるという意味です。 『願い事は控えめに』という意味です。

そんな健康・スポーツの仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • ホームレスは社会的に不健康。
  • 職場探しは慎重に。
  • 健康の手助けが出来れば人類が平和になる。
  • 願い事は控えめに。