冠婚・葬祭に関わる仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

冠婚・葬祭に関わる仕事がやりたい

冠婚・葬祭の仕事

冠婚葬祭とは『生まれて亡くなり、その後に行われるものまで含めた家族的催し物全般』のことです。 要は『祝い事や不幸な行事に活躍するイベントスタッフ』です。イベント好きに持ってこいの仕事です。祭りで血が騒ぐ人におすすめです。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『冠婚と葬祭を一緒にするのは不謹慎』だからね。結婚式と葬式を並べて欲しくない。 ですが一緒にまとめるのは日本の風習です。儒教の思想です。中国から来ました。私が考えたわけではない。その文句はお門違いです。

冠婚・葬祭の仕事の概要

儒教の思想は置いておいて、もうちょっと『冠婚・葬祭の仕事』の説明を足します。例えば『ウェディンプランナー』です。結婚式をプロデュースです。

まぁプロデュースといってもやることは『予算のすり合わせ程度』ですけど。新しい企画のお金が出せるカップルなんてそうそういません。出来ることが決まっていて選ばせるだけです。

か、どうかは分かりませんが。そんな発想力も要らないので気軽に挑戦してみましょう。女性は結婚式が大好きだと思うので憧れる人も多いでしょう。

少子化で冠婚葬祭が減少中

冠婚葬祭で現在問題なのは『少子化』です。人口が減ると冠婚葬祭のイベントが全部減ります。『結婚式の仕事に就いたものの、はたして結婚式は行われるのか?』 不安です。20年後ぐらいが不安です。その年で仕事が無くなったらどうしよう。

大丈夫です。原因は『未婚者の増加』です。原因が分かっているので対策は簡単です。未婚者を結婚させればいい。結婚式も増えて人口も増える。一石二鳥です。 つまり結婚式だけじゃなくて、結婚からプロデュースすればいいのです。

いわゆる『結婚相談所』です。これも冠婚葬祭の仕事です。この仕事も視野に入れましょう。 そして少子化も解決です。社会貢献度も高いやりがいのある職種です。

そんな冠婚・葬祭の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • 冠婚葬祭は儒教の思想。
  • 新しい企画のお金が出せるカップルなんていない。
  • 女性は結婚式が大好き。
  • 原因が分かっているので対策は簡単。