大学教授になるには - 適職エルフの職業一覧

大学教授になるには

大学教授になりたい

『大学教授になりたい。』そう思っている方、いると思います。かっこいいよね。私もなりたい。 だって教授って言ったら頭が良い人の代名詞です。先生よりも凄い。博士はいい勝負。イメージならね。実際は教授が上です。 博士号をとったあとに20年ぐらい大学にいれば教授になれます。

嘘です。博士と教授は別もんです。博士の後に教授になるのはホントですけど。それは教授になる方法のひとつで、ほぼその方法で教授になるというだけです。 でもそれは置いておいて、まず『大学教授』の説明をします。

大学教授とは?

大学教授とは『大学の先生』です。難しい言い方をすると『高等教育機関における指導者の最高位』です。高等教育機関は大学のことです。 要は勉強を教える人のトップです。

博士は『学位の最高位』です。要は『教わる側のトップ』です。知識を習得した人のトップです。知識がないと教えられないので、普通は博士になった後、教授を目指します。

大学教授の仕事は大きく分けて3つです。『大学の講義』『大学生の指導』『専門分野の研究』です。 教授はその中の一つ以上の仕事をやっています。理事長かなんかに『今年は生徒少ないし研究だけやってていいよ』と言われたら、今年は研究イヤーです。でも普通は毎年全部やります。

大学の講義

教授の収入の基盤です。毎週の講義時間を確保することで安定収入が望めます。授業で使う教科書は教授の書いた参考書や論文です。 それを生徒に毎年購入させることで収入の上乗せです。講義と研究の合わせ技で収入の相乗効果があります。

ちなみに専任講師という講義オンリーの職業の人もいます。院生がバイトで一年生に講義をしていることもあります。大学の先生を全部教授と思ったら大間違いです。 あと、他所の大学で講義をしている教授もいます。教授を全部ここの大学の教授と思ったら大間違いです。

大学生の指導

4年生は研究室に入って一年間同じ教授の授業オンリーになったりします。まぁ、担任みたいなもんです。大学では4年生でようやく担任の先生がつきます。 担任の教授は就職や進学の世話をしてくれます。志望する企業や大学院に推薦状を書いてくれます。これも教授の仕事です。

専門分野の研究

教授というか博士の仕事です。教授は博士の一面もあります。お金にならないけど一番メインの仕事です。商品化できる研究をしていれば企業と組んで儲けることもできますが。 研究の成果が出ないと教授にはなれません。教授を目指す段階からずっとやり続ける仕事です。研究の成果に人類の未来がかかってます。

生徒集めの宣伝

偏差値が高い有名国立だったら何もしないで生徒が集まりますが、偏差値40の無名私立は宣伝しないと生徒が集まりません。 私立の教授は企業の社員も同然なので、企業の利益を増やすための宣伝活動も仕事の一つだったりします。授業の面白さや就職先のPR資料を作成したりします。

大学教授になるには

大きく分けて2パターンです。『博士になって研究が認められる』か『特定分野で活躍していたら突然教授のお誘いが来る。』です。

博士になって研究が認められる

まず大学を卒業。修士課程を修了。博士課程を修了。ここまで8年大学に通います。それから大学の教員に応募です。ここで就職です。社会人になってお給料をもらいます。

大学の教員に受かったら、まずは助手になります。そして講義の仕事をしながら独自の研究をして、論文を書き、認められるとどんどん出世していきます。 助手⇒助教⇒准教授⇒大学教授と身分が上がっていきます。成果によっては飛び級もあるし、助手で終わったりもします。

特定分野で活躍していたら突然教授のお誘いが来る

ビートたけしが芸術大学の教授になりました。最終学歴は大学中退なのに。そういうこともあります。特定分野で活躍していたら突然教授のお誘いが来ることもあります。 趣味でタイムマシンを作ったらお誘いが来るかも。ガンダムでもいい。

気になる年収

1000万ぐらいです。あとは『本の印税』や『研究結果の商品化』や『テレビ出演』などで稼いでいる人は稼いでいるでしょう。 ちなみに、私の親戚に国立大学の教授がいますけど『1000万ももらってない』って言ってた。でもホントのことを言うとも思えない。

親戚の国立大学の教授

せっかくなので、『私の親戚の国立大学の教授の話』をします。特定が怖いので大分ぼかします。大学名も専攻も書きませんよ。 じゃあ、えーとね。趣味はギターと言っていました。山崎まさよしの歌を弾き語りするそうです。

その親戚が大学生で一人暮らしをしているときに部屋に遊びに行ったことがありますが、机と本棚とアコギ一本の部屋でした。 遊ぶものが何にもなかった。私は子供だったのでゲームとかしたかったのに。教授になる人はそんなに真面目なのか。

顔の偏差値は45ぐらいですが、お嫁さんは美人です。親戚一同ビックリでした。大学の講師になったときと同じぐらい嫁の可愛さにビックリでした。 大学教授はやっぱりモテます。まぁそのころは多分助手ですが。とにかく合コンで教授の卵と言えば大抵の女子は食いつくかと思われます。でも合コンに教授の卵は来ないけど。

つまりそういうこと。『合コンに教授の卵は来ません』。今回言いたかったのはコレです。 教授の卵と出会いたいなら大学に勤務するべき。事務員や秘書や食堂に売店です。結構いろんな業種が選び放題です。 ではもう一度おさらいしましょう。




教授の卵と出会いたいなら大学に勤務する




どうですか。これが大学教授の真髄です。見事伝授完了です。どうやら私が教えられるのはここまでのようです。 興味が沸いたら専攻を決めてひたすら勉強です。大学は高校と違って突然サボり放題になるので誘惑との勝負です。険しい道だと思います。