アクチュアリーになりたい - 適職エルフの職業一覧

アクチュアリーになりたい

アクチュアリーになりたい

『アクチュアリーになりたい。』そう思っている方、いると思います。かっこいいよね。私もなりたい。だって年収が高いから。1000万超多発です。 それだけあれば毎日銀座でお寿司が食べられます。

嘘です。だって税金で半分ぐらい取られるからね。毎日銀座でお寿司はさすがに無理です。 正確に言うと2015年の法律では1000万の所得税なら33%です。半分は言い過ぎました。1800万を越えると40%で4000万を越えると45%です。

それは置いておいて、まずは『アクチュアリー』の説明をします。

アクチュアリーとは?

アクチュアリーとは『数理統計で分析する人』です。大学の数学を仕事で生かせる数少ない職業です。数学科に進学した人は抑えておきたいところ。

主に保険会社で活躍しています。適度な儲けが出る金額をアクチュアリーが計算しています。平均寿命は年々延びていますし、出生率は年々減りますし、保険金は毎年微調整が必要です。

さらに立派な企業ならアクチュアリーが一人ぐらいはいて欲しいところ。企業年金や退職金など、リスク分散費の妥当な金額を計算してもらいたい。

アクチュアリーは希少価値が高い

まず、みなさんに聞きたいのが、ズバリ『アクチュアリーって初耳ですよね?』コレです。知っている人もいるとは思いますが、知らない人も多いはず。 弁護士よりは確実に知名度は低いですよね。それでいて弁護士並みの需要と難易度です。ハッキリ言って希少価値が高いです。

希少価値が高い高難度の技術職なので、アクチュアリーになってしまえば職に困らないと言っても過言ではない。弁護士でも職が無い時代なのに。 まさかこんな誰も知らないところに安心な職業があったとは。世界は広いです。

そして極めつけは、ズバリ『先生』と呼ばれることになります。医者や弁護士は先生と呼ばれるじゃないですか。アクチュアリーも先生です。 知っている人からは『偉い人』と認識される用になります。

お嬢様が寄ってくる

アクチュアリーは基本的に保険会社で働くことになりますが、保険会社の受付さんやセールスレディさんはお嬢様率高しです。 もしくはビジュアルだけで内定を取ったスィーツ女子が多数です。

彼女らはアクチュアリー先生に確実に寄ってきます。金目当てです。 か、どうかはわかりませんが、営業の同僚よりアクチュアリーの同僚のほうが魅力的なのは間違いないです。

大学で勉強一筋、素敵な出会いが無かった理系男子はアクチュアリーを目指してみてはどうでしょう。。

アクチュアリーになるための資格・条件

まず資格がありますが、入社に必須ではないです。そして入社前に資格を持っている人もほとんどいません。 保険会社に面接に行って『数学が得意で、アクチュアリーを目指しています』という旨を面接官に伝えましょう。それでアクチュアリー部署に配属です。

そこから働きながら猛勉強で業務経験がついた3年後あたりに合格するのが一般的じゃないでしょうか。 アクチュアリー手当てがついて給料大幅アップです。業務内容は変わりません。先生と呼ばれるようになって、女子が群がります。

厳密に言うと『会員』

資格と言いましたが、本当は会員です。準会員と正会員があります。試験は2つあるので頑張りましょう。

超難関

アクチュアリーの試験は偏差値でいうと70近くあります。有名大学を出ていないとまず無理です。大学に入学後も真面目に勉強しているような人じゃないと無理です。 講義終了間際に教室に入って出席に丸をつけているような人には無理です。

テスト前に過去問の答えを暗記するだけの人には無理です。サークルに入ると先輩から過去問がもらえます。 それを暗記するだけで単位が取れて卒業も出来ますが、それをやってしまうとアクチュアリー試験がほぼ絶望的になります。

つまりそういうこと。『テスト前に過去問の答えを暗記するだけで単位は取れる』と。今回言いたかったのはコレです。 特に夢も無く、中小企業のリーマンになる予定の人なら、大学は過去問の暗記で卒業できます。 ではもう一度おさらいしましょう。




テスト前に過去問の答えを暗記するだけで単位は取れる




どうですか。これがアクチュアリーの真髄です。見事伝授完了です。どうやら私が教えられるのはここまでのようです。 興味が沸いたら大学講義は真面目に受けましょう。以上です。