その他分類できない仕事がやりたい - 適職エルフの職業一覧

その他分類できない仕事がやりたい

その他の仕事

その他とは『特定のこと以外』のことです。ラテン語で言うと『エト・セトラ』です。英語は『etc』です。これもエト・セトラの略です。 まぁ、英語は置いておいて、ここでいう『その他』は『分類できなかった職業』のことです。

そういう仕事です。詳細はメニューから選んでください。一つずつ解説します。

と、言いたいところですが。これで納得できるわけがない。だって『その他は英語でohter』だからね。嘘つきました。 まぁ両方正解です。同義語です。『etc』でも『ohter』でも両方『その他』です。

その他の仕事の概要

英語は置いておいて、もうちょっと『その他の仕事』の説明を足します。例えば『ニート』です。『無職の職業は何か?』と聞かれたら、『無職』と答えねばならない。ニートも考え方次第では職業です。

もしくは架空の仕事です。例えば『勇者』とか。魔王を倒す仕事です。ITや金融や建築などには分類できません。回復魔法が医療かも。神の力だから宗教かも。

忍者はエンターテイメントかもしれない。映画村に忍者がいます。忍者の修行をしている俳優さんがいます。でも忍者は実在したので、復元をする研究職かもしれない。 まぁそういう分類が難しい職業です。

明治以降忍者は警察になった

忍者は江戸時代まで存在しました。大名に仕えていました。終盤は特に戦争も無いのでただの護衛です。警備員です。 そして明治以降は大名も消えて職がなくなります。同時に国営の警察隊が出来て大半は引き抜きされました。

こうやって古いものが消えるときは、必ず代替品の新しいものが出来るようになっています。 多少将来性が不安な職業でも、やりたい職業を目指してもいいんじゃないかと、私は思うわけですよ。なぜならスキルが無駄にならない代替品が高確率で存在するから。言いたかったのはコレです。

そんなその他の仕事。詳しく知りたい職業へどうぞ。




おさらい

  • ニートも考え方次第では職業。
  • 勇者は魔王を倒す仕事。
  • 映画村に忍者がいる。
  • 多少将来性が不安でもやりたい職業を目指してもいい。